投稿日時: 2020-04-13

先月末、病院前を通る国道499号線の拡幅工事が終わりました。
499号線は市中心部と南部地域を結ぶ重要な幹線道路であり、生活道路および産業道路として重要な役割を担う路線です。

【工事前】 【工事後】

今回、病院の方へ入る専用車線が設けられ、特に通勤時間帯の車の流れがスムーズになっています。また歩道も整備され、利便性と安全性が向上されています。

【南部方面↓】 【市街地方面↑】






投稿日時: 2020-03-16

長崎県が実施する「依存症対策総合支援事業」において、三和中央病院が令和2年2月28日付で「アルコール健康障害の専門医療機関」に選定されました。


専門医療機関の選定は、県が策定した「長崎県アルコール健康障害対策推進計画」の重点施策となっており、当院が県で初めて選定された専門医療機関となります。

今後は、当院でのアルコール依存症治療の実績を活かし、
アルコール健康障害の予防、治療、再発防止および家族支援に努めていきたいと思います。

アルコール健康障害に関するご相談は、以下にご連絡お願いします。

医療法人 清潮会 三和中央病院
担当:医療社会福祉部
電話:095−898−7511
Email:info@sanwa.or.jp

※詳しくは長崎県障害福祉課のホームページ(こちら)をご覧ください。





投稿日時: 2020-01-27

当院では以前より、職員に向けて就業時間内の喫煙を全面的に禁止としていました。

2018年7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立したのを受け、禁煙啓蒙として職員および関係者に配布している院内広報誌「POCO a POCO(ポコ・ア・ポコ)」で 敷地内全面禁煙 をイラストなどにより分かりやすく説明し、職員の禁煙活動を推進いたします。

*三和中央病院で働く人たちの健康増進と院内における受動喫煙防止を目的としています。

禁煙啓蒙イラスト

2020年1月
三和中央病院 禁煙推進委員会





投稿日時: 2020-01-01

新年、あけましておめでとうございます。
本年も三和中央病院をよろしくお願いいたします。



 


※デイケアのメンバーさんが製作しました。





投稿日時: 2019-12-10

当院の馬場公文先生が、日本認知症学会から認知症専門医および認知症指導医の認定を受けられました。認知症サポート医のお仕事に加え、これからは認知症専門医としても益々ご活躍くださることを期待しています。(院長)







投稿日時: 2019-09-03

 「健康増進法」の一部を改正する法律の施行に伴い、受動喫煙により健康を損なうおそれが高い患者さま等が主たる利用者である施設は、敷地内全面禁煙となります(加熱式タバコを含む)。

 当院におきましても、7月1日より敷地内全面禁煙となりましたので、患者様・ご来院の皆様および従事者のご理解とご協力をお願い致します。








投稿日時: 2019-08-16

2019年8月1日より、当院の歯科は「口腔ケア室」へ名称を変更いたしました。

高齢者の方の口腔内の清掃状態は入院中に肺炎発症を結びつきやすく、医療費の上昇及び病棟業務の繁忙を来しやすいため、当院では入院下における口腔ケアに力を入れております。

また経口摂取を維持することにも注力しており、特に咀嚼機能、嚥下機能の維持と改善は最初に対応すべき点であり、口腔内の炎症の予防、咀嚼の能力の改善、義歯の適切な使用等にも対応することで、適切な咀嚼と嚥下の能力の改善、維持を目指しております。

詳細につきましては下記をご覧ください↓↓。





投稿日時: 2019-04-15

すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、2月より職員の制服が一新しました。
気持ちも新たに、より患者さまに寄り添った医療を提供できるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

〇看護師            〇看護助手

〇リハビリ部

〇施設課            〇清掃





投稿日時: 2019-01-31

病院前を通る国道499号線の拡幅工事がすすんでいます。
病院向かいの法面も綺麗に仕上がってきました。

2017.9.29時点↓

2017.11.4時点↓

2017.12.1時点↓

2018.4.18時点↓

2019.1.24時点↓


綺麗な道路を通ると気持ちがいいものです。
499号線は、「軍艦島」を眺めるドライブルートへ続く道でもあり、工事完成が待たれます。





投稿日時: 2019-01-24

「みなみ会地域連絡会」が当病院にて開催されました。


「障害福祉サービスを利用する人の福祉向上を図り、その豊かな生活と権利を護る事」
を目的とし、長崎市南部地区の障害福祉サービスを提供する事業所、医療機関等を対象に、勉強会や交流会を定期的に行っているのが「みなみ会地域連絡会」です。


今回、当病院の施設見学や事例検討を行い、多くの方々に参加をしていただきました。





投稿日時: 2019-01-08

寒の入りも過ぎ、寒さもいよいよ本番を迎えました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
今月の「さんさん会(家族会)」のご案内をいたします。

家族会ではご家族の他、医師、看護師、作業療法士、ソーシャルワーカー等が加わり、形式にこだわらず、家族の抱える不安や悩み、率直な意見や疑問点など、共有しながら一緒に開催できればと考えております。

ご多忙のこととは存じますが、多数のご参加をお待ちいたしております。

日時:2019年1月20日(日) 13:30〜
場所:三和中央病院 西棟3階会議室
内容:〇さんクリニック院長 松本喜代隆先生 の講話
    「〜何のために生まれてきたのか〜」
   〇座談会
   *会途中での入室・退室については、ご自由です。
【前回の内容】                 
前回に引き続き、訪問看護ステーションあんしんのスタッフより精神科訪問看護についての説明を行いました。前回に加えて具体的な訪問時の対応等の話から、家族に何かあった時に頼れるところがあるのは心強いとの言葉聞かれました。
久々の参加のご家族からの近況報告もあり、終始和やかな雰囲気で意見交換が行われました。

≪問い合わせ先≫
三和中央病院 医療社会福祉部
095-898-7511
宮・中村






投稿日時: 2019-01-01

新年、あけましておめでとうございます。

昨年、当法人は多くの方々のご支援を頂き開設50周年を迎えることができました。皆様方に御礼申し上げます。

診療開始は2019年1月4日(金)9時からとなります。

どうぞ、本年もよろしくお願い申し上げます。

2019年元旦 三和中央病院院長 塚 稔







※これらの門松はすべてデイケアのメンバーさんが製作いたしました。





投稿日時: 2018-12-27

今年も残すところあとわずかとなりました。
当院の年末年始の休診のお知らせを致します。

休診日:平成28年12月29日(土)〜平成29年1月3日(木)

皆様、良いお年をお迎えくださいませ。





投稿日時: 2018-12-19

今年も日増しに寒くなって参りました。
空気が澄み星が綺麗に見える季節となり、当院敷地内のイルミネーションも輝きを増しています。

写真では分かりにくいのですが、中央玄関の上にはプロジェクションマッピングが施され、揺れ動く光の映像が楽しめます。


また、正面ロータリーにある花壇の地表にも、初めてイルミネーションを飾り付けしました。近くで見ていただけると大変綺麗だと思います。


デイケアのメンバーさんとスタッフがペットボトルで製作したツリーを筆頭に、 イルミネーションの暖かい光で癒しのひと時を過ごしていただけたら幸いです。

このイルミネーションは、年明けの1月初旬まで、時間は日没から日付が変わる頃までご覧いただけます。





投稿日時: 2018-12-11

医療法人清潮会は、平成30年11月に開設50周年を迎え、これを記念して細やかながら祝賀会を開催致しました。


これまで支えてきてくださった皆様に深く感謝いたします。








これからも患者様や地域の皆様のニーズに応えられるよう、邁進してまいりますので、より一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。





投稿日時: 2018-12-06

国家資格「公認心理師」は、うつ病や虐待、不登校など、心の問題が深刻化し対応が求められるなか、一定の質や技術を確保するため2015年成立の法律で新設されました。

この第1回試験の結果発表が11/30にあり、当院からも合格者が出ました。

公認心理師について、別途、来年1月発行の広報誌「POCO a POCO(ポコ・ア・ポコ)」に掲載しますので、ぜひご覧ください。






投稿日時: 2018-11-29

今年も恒例の大川の清掃ボランティアに当院の職員が参加しました。





清掃前の大川↓


清掃後の大川です!


清掃前の大川↓


すっかり綺麗になりました↓


大川が綺麗になりアユや鰻が確認されるようになったとも聞いてます。
皆さん、お疲れ様でした。





投稿日時: 2018-11-21

11/17(土)北2病棟第二回家族会を開催しました。

家族会の目的
認知症など介護が必要な高齢者は年々増加し、高齢者を支える家族も増加しています。
同居して介護をしている家族は、他の家族や友人に日々の介護の悩みを理解してもらえないこともあり、介護ストレスや介護疲れなどにより虐待、無理心中をしてしまう等の社会問題にもなっています。
また、入院患者の家族は経済面、接遇、今後の不安などを抱えながら入院させた負い目から病院に対して声をあげることが難しい現状にあります。

その中で病棟として家族に対し、認知症患者を介護する家族の特徴を踏まえて、効果的に入院患者の考え方を整理、サポートしていき、情報の共有と家族が気持ちを明かしたり、悩みを相談したり、知識を補ったり、いろいろな家族と交流する「コミュニティーの場」のようなものを作りたいと考え開催しました。

今回の内容
対象者は、北2病棟の入院患者の家族としています。
現在2回開催し、数名ではありますが参加していただき、胸の内を話してくれました。「みんな同じよ」「そうそう、そういうことある」と共有し、病棟スタッフも家族の思いを知ることができました。


1回目には、家族会が立ち上がったばかりなので、家族会の名前はありませんでした。「家族へ家族会のネーミングを考え次回決定させましょう。」と投げかけ、名前が決定しました。

  家族会【 よかよかの会 】です。

ネーミングの決定には、家族の思いがありました。
心温まるエピソードだったので、家族の了承を得て紹介したいと思います。


手紙紹介・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつも父と母がお世話になっております。息子の○○です。
本日は家族会に出席できず申し訳ありません。

母から家族会の名前で何か良いのないかな?と言われ、私なりに考えました。「良か余暇の会(よかよかのかい)」というのはいかがでしょうか。

今回、母から話を聞いて昔の事をよく思い出しました。
父も母もとにかく私に優しく目一杯の愛情を注いでくれました。
父は家族のために目一杯働き、母も働きつつ、家のことも目一杯やっていました。
二人とも全力で働いていました。
今の状況になり、ふと私は全力で家族のために働いてきた父が体も心も疲れ切ったのかなと思う時があります。なら、父にゆっくりとゆったり時間を過ごして欲しいと考えています。

物忘れ、失禁等様々な認知症の症状も風邪に例えるなら咳、鼻水です。
風邪を引いている方に咳するなは無茶なお願いです。
認知症の方に物忘れしないでは無茶なお願いです。
そんな時、心をスッと落ち着かせる長崎の方言があります。「よかよか」です。

私は今○○に住んでいます。
父がそちらにお世話になってから母と毎日電話で話をしているのですが、必ず「よかよか」が出てきます。良い言葉です。母も父のことを思うと色々ネガティブな考えを持ちがちです。

そんな時、私は母に「よかよか、考えてもしょんなかよ」とよく言います。
私たち入所家族は、日々認知症の家族のことを考え、悩み、それでも自分達も生活していかなくてはなりません。

そういう心が苦しくなる時「よかよか」と心で唱え、入所している家族ができるだけ幸せな生活を送ってほしいと願いをこめて、この会の名前を考えました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今後も、家族同士が支え合い、また病棟スタッフと手を取り合いながら、入院患者さんのケアにあたっていければと思います。





投稿日時: 2018-11-19

当院の「憩いの広場」の一角へ、当院の歴史のひとコマを掲示しています。

現在の掲示内容は、三和病院と塚病院の頃からの外観の変遷です。
当時の姿を知る方も、現在の姿のみ知る方も、どうぞご覧ください。







投稿日時: 2018-11-12

今週末の北2病棟家族会のご案内をいたします。

前回参加された方は「胸がすーとしました」などの声が聞かれました。今回も家族の方がスッキリして帰れる会にしていきたいと考えています。
皆様の参加をお待ちしています。

開催日:平成30年11月17日(土) 10:00〜11:00
    ※前回案内の日程11/24から11/17へ変更となっております。

場 所:リフレッシュルーム
テーマ:介護する中でのホッとした瞬間−ストレス解消法−
    *家族会の名前決定します。
【家族会の目的】                               
  認知症など介護が必要な高齢者は年々増加し高齢者を支える家族も増加しています。同居して介護をしている家族は、他の家族や友人に日々の介護の悩みを理解してもらえないこともあり介護ストレスなどにより虐待、無理心中等の社会問題になっています。また、入院患者の家族は経済面、接遇、今後の不安などをかかえながら入院させた負い目から病院に対して声をあげることが難しい現状にあります。

  その中で病棟として家族に対し、認知症患者を介護する家族の特徴をふまえて、効果的に入院患者の考え方を整理、サポートしていき、情報の共有と家族が気持ちを明かしたり、悩みを相談したり、知識を補ったり、いろいろな家族と交流する「コミュニティの場」のようなものを作りたいと考え開催しました。

≪お問い合わせ先≫
三和中央病院 北2病棟
095-898-7511





« 1 2 (3) 4 5 6 ... 13 »