介護職員等特定処遇改善加算について

介護職員処遇改善加算(以下「現行加算」という。)は、平成23年度まで実施されていた介護職員処遇改善交付金による賃金改善の効果を継続する観点から、平成24年度より当該交付金を円滑に介護報酬に移行し、当該交付金の対象であった介護サービスに従事する介護職員に賃金改善に宛てることを目的に創設されました。
 2019年度の介護報酬改定では、介護職員の確保・定着につなげていくため、現行加算に加え、「介護職員等特定処遇改善加算(以下「特定加算」という。)が新たに創設されることになり、経験・技能のある介護職員に重点化しつつ、職員の更なる処遇改善を行うとともに介護職員の更なる処遇改善という趣旨を損なわない程度において、一定程度他の職種の処遇改善も行うことができる柔軟な運用が認められることになりました。


【加算取得事業所】

・   介護老人保健施設
・(介護予防)短期入所療養介護
・(介護予防)通所リハビリテーション
・(日常生活支援総合事業)通所介護



介護職員等特定処遇改善加算の算定要件

・現行の処遇改善加算
を算定していること

・職場環境要件について、区分ごとにそれぞれ1つ以上取り組んでいること
・特定加算も含めた処遇改善加算の算定状況や、賃上げ以外の処遇改善の取組み
内容を公表すること




職場環境要件の掲示

見える化要件に基づき、特定処遇改善加算の取得状況を報告し、賃金以外の処遇改善に関する具体的な取り組み内容を下記に掲示致します。

区分 職場環境要件項目 施設での取組み
入職促進に向けた取組 職業体験の受入れや地域行事への参加や主催等による職業魅力度向上の取組の実施 地域の小、中学校と連携を取り積極的に職場体験等を受け入れている。
資質の向上やキャリアアップに向けた支援 働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実務者研修受講支援や、より専門性の高い介護技術を取得しようとする者に対する喀痰吸引、認知症ケア、サービス提供責任者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援等 研修費用等の補助を行うと共に、職員が研修や講習を受けやすい環境を整えている。
両立支援・多様な働き方の推進 有給休暇が取得しやすい環境の整備 有給休暇取得推進を積極的に行っている。
腰痛を含む心身の健康管理 短時間勤務労働者等も受診可能な健康診断・ストレスチェックや、従業員のための休憩室の設置等健康管理対策の実施 全職員に対し定期健康診断(夜勤者は年2回)とストレスチェック(年1回)を行い心身の健康管理に努めている。
生産性向上のための業務改善の取組 S活動(業務管理の手法の1つ。整理・整頓・清掃・清潔・躾の頭文字をとったもの)等の実践による職場環境の整備 服務心得として就業規則にも記載し、安全面・衛生面の観点から、整理・整頓・清掃・清潔に心がけている。
やりがい・働きがいの醸成 ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の介護職員の気づきを踏まえた勤務環境やケア内容の改善 毎月各部署でミーティングを開き情報共有、業務改善を行っている。また、毎朝全部署長が集まり申送りを実施している。