学会・研究会報告
第65回九州精神医療学会 R1年12月12,13日
令和元年12月12日と13日、長崎ブリックホールで行われた第65回九州精神医療学会へ参加してきました。


当院からは5つの演題について発表を行いましたので、ここでその感想をご紹介させていただきます。

(1)テーマ『「自宅へ連れて帰りたい」という家族の思いに寄り添って〜多職種連携し関わりを持つことの重要性〜』
今回初めて九州精神医療学会に出席させていただきました。
とても興味深い内容の研究が多く有意義な時間を過ごすことが出来ました。
沢山の研究を聞く中で、スタッフ一人一人またチーム全体の意識の持ち方一つで変えられる事があるのだと当たり前のことですが今更ながら強く感じました。正直つい面倒だと思ってしまうことがしばしばありますが、今回の学会を通じて学んだことを無駄にしない看護提供を行っていこうと思います。

(2)テーマ『医療観察法による指定通院医療機関として〜精神保健福祉法による入院を経てPSWとしての関わり〜』
今回、初めて九州精神医療学会に参加させていただきました。
日頃の患者様との関わりを研究として発表することで、多職種によるさまざまな視点で、これまでの経過を再確認することができました。
この経験を今後の援助に生かしていきたいと思います。
このような貴重な機会をいただけたことに心より感謝いたします。

(3)テーマ『前兆〜患者のサインに気付く〜』
今回、初めて九州精神医療医学会に参加し発表させていただきましました。
初めての経験であり緊張しましたが、他病院の様々な発表も聴くことができ、とてもためになる学会となりました。

(4)テーマ『スキン-テアシート活用に向けた意識向上への取り組み〜患者さんの皮膚を守りたい〜』
今回の学会に発表者として参加させていただき、九州各県よりたくさんの発表者が参加されており、一部しか聞くことはできませんでしたが、興味深い内容の発表も多くありました。
発表方法も実際に聞くことで、反省点や今後に生かせるものを学ぶことが出来ました。

(5)テーマ『心の扉を開く〜怖い世界に踏み込んで〜』
今回の精神医療学会に参加し研究した事で、精神症状の変化に伴う身体的な変化を学ぶことができました。学会参加によりとても有意義な経験ができたと思います。是非、今後の看護に活かしていきたいと思います。
---

通常業務に加え学会に至るまでの準備等、大変だったと思いますが職員のみなさまお疲れ様でした。

第7回中国内観療法学会 R1年8月31〜9月1日
2019年8月31日から9月1日まで、中国安徽省蕪湖市で開催された第7回中国内観療法学会に参加してきました。中国では1989年に内観療法が始めて紹介されてから現在までに、ほぼ中国全土に内観療法が普及しています。

今回は、特別講演に招かれて「触法精神障害者に対する内観療法」の演題を発表してきました。



第42回日本内観学会大会 長崎大会 R1年7月12〜14日
7月12〜14日、第42回日本内観学会大会 長崎大会が、新元号「令和」になって初めて開催されました。

第42回大会では、メインテーマを「内観の現代化〜次世代へ向かう内観」とし、日本各地で内観を情熱的に普及されておられる先生方から各地の現状と問題点についてご意見を頂きました。


また、日本に限らず、内観は世界へも広がっています。
今大会では国際シンポジウムを企画し、日本を含め、アメリカ、中国、スリランカの方々に、内観の国際化についてディスカッションしていただきました。


さらに今大会では市民公開講座を開催し、映画監督の松本准平さんをお招きして、一昨年上映公開され話題となった「パーフェクト・レボリューション」に登場する障がい者への思いなどを語っていただきました。


これから時代は変わろうとも、内観の本質が失われることなく次世代へ受け継がれていくことを課題として、本大会がそのような架け橋の場になることでしょう。


第44回日本精神科学術集会 R1年6月21〜23日

「精神科看護の質向上を」

6月21〜23日、 日本精神科看護学術集会が長崎ブリックホール・長崎新聞文化ホール アストピアで開催されました。

日本精神科看護協会の会員ら約1500人が3日間、教育セミナーや行政報告、管理者セミナー、特別企画、支部企画、現場からの実践報告などに参加し、技術の向上をめざして活発な意見交換などもあり、お互いが情報共有し自己研鑽する機会でした。

当院より4事例の発表された方、6名の運営委員の方、お疲れ様でした。



◆テーマ「精神科看護における電子カルテ活用の現状と課題〜看護師を対象とした意識調査から見えたもの〜(シリーズ研修)」を発表して

 精神科病院において電子カルテの普及率は低く、6/23発表には、多数のフロアの方々が来て下さり、電子カルテに対する関心の高さではないかと感じました。またこの研究を通して、今後、電子カルテを有効活用するためには、申し送り方法やシステムの見直しなど課題が明確となりました。

◆テーマ「医材節約に対する看護師の意識調査〜コスト削減を目指して〜 」を発表して

 1年を通して看護研究に携わり、学術集会での発表にも参加させていただき大きな学びとなりました。今後も、何事にも疑問を持ち、看護に携わっていきたいと思います。




第115回日本精神神経学会学術総会 R1年6月20日
6月20日に新潟市で開催された第115回日本精神神経学会学術総会で、一般シンポジウム「内観療法の理論と現代的応用」について発表してきました。

当院では、依存症の治療に内観療法を実施しています。今回はその有効性を発表しました。

また、7月12日から14日には、第42回日本内観学会長崎大会を長崎大学医学部良順会館にて開催いたします。
多くの方々にご参加くださいますようお願い申し上げます。




第2回日本うつ病リワーク協会年次大会 H31年4月19,20日
  4/19〜20に福井県にて行われた第2回うつ病リワーク年次大会に参加、発表させていただきました。電車に揺られ片道7時間強の長旅でした。福井駅は肌寒く、長崎との気温差と共に距離を肌で感じる事となりました。


  今回の大会で、私は『ADHDの方へのリワークプログラム 〜アフターフォローとしてリワークメール相談を利用し仕事継続中のケース〜』
というテーマで発表させていただきました。

  当院デイケアは現在、リワーク協会が推薦するリワークプログラムに沿って行っております。その中には復職後のアフターフォローも非常に重要であると言われています。

  今回、アフターフォローとして当院が行っている復職後のメール相談についての発表をさせていただきました。発表により様々な方から助言や助力をいただきました。これを糧にリワークに参加していただいている方へより質の高いプログラムを提供し、復職後の長期就労の手助けを行っていきたいと思っています。

  余談ですが、当院デイケアは4月よりうつ病リワーク協会の施設会員となりました。休職中で仕事復帰を目指している方はぜひ一度当院デイケアへご連絡ください。