学会・研究会報告
平成30年度日精看長崎県支部看護研究会 H30年9月8日
平成30年9月8日に、東彼杵町総合会館にて行われた看護研究発表会に参加してきました。

当院からは、3つのテーマについて発表してきました。

テーマ「医療材料節約に対する看護師の意識調査〜コスト削減による検討〜」

看護研究に主として携わり、改めて研究の取り組み方・進め方について再確認することができました。また、他精神科病院での研究への取り組み内容も聞くことができ有意義な研修になりました。
今後も何事にも探究心を持ち看護に携わっていきたいと思います。

テーマ「こころの点滴プロジェクトを試みて〜その人らしさへのアプローチ〜」

質疑応答では、座長の上松さんをはじめ、フロアの方々より貴重な意見をいただきました。
また、他病院の発表も聞かせていただき、今後の看護に活かしていけるような学びを得ることができました。

テーマ「精神科看護における電子カルテ活用の現状と課題〜看護師を対象とした意識調査から見えたもの〜(シリーズ研修)」

今回、一年間の研究中でアンケートの集計や計画書等の見直しなど大変な時もありましたがメンバーで乗り越え無事に発表することができました。
質問も多く頂き、精神科における電子カルテのメリット・デメリットや有効活用等に対し他病院様とも意見交換できる機会となりました。
他病院・施設様の発表内容も興味ある内容が多く、とても参考になりました。



第17回日本アディクション看護学会学術集会 H30年9月1,2日
平成30年9月1日と2日の2日間、
第17回日本アディクション看護学会学術集会に参加してきました。


シンポジウムのテーマは『アディクションと語りの意味』で、当院の尾上看護部長が発表しました。


デイケアからは『三和中央病院での内観療法の実際』について発表を行い、学術集会は盛会のうちに終了いたしました。


第114回日本精神神経学会学術総会 H30年6月22日


当院院長 塚 稔が「内観療法の基礎から応用まで」のテーマで教育講演をしました。



神戸市にて開催された日本精神神経学会学術総会に参加しました。



第43回日本精神科学術集会in愛知 H30年6月15日
平成30年6月15日から3日間、第43回日本精神科学術集会 in 愛知に参加してきました。



各テーマ別に看護研究の発表があり、私たちも電子カルテについての看護研究について発表させていただきました。貴重なご意見もいただき、今後の業務や看護に活かしていきたいと思います。

他病院や施設の発表も伺う事ができ、様々な研究について拝聴できました。今後の業務に活かしていけたらと思います。







第30回九州アルコール関連問題学会長崎大会 H30年3月16日
平成30年3月16日・17日に長崎ブリックホールにて九州アルコール関連問題学会長崎大会が開催されました。



本大会は当院が主体となり、準備から司会進行まで行いました。



当院が注力しているマインドフルネスについて発表をさせていただき、
多くの方々に興味を持っていただけました。



多くの方にご講演いただき、素晴らしい情報交換の場となりました。
来年は沖縄での開催となります。



第63回九州精神医療学会 H30年1月25日


H30年1月25・26日に宮崎県で行われた第63回精神医療学会に参加してきました。



当院からは『病識がない患者への心理教育の効果』、『当院における退院支援室の現状と課題』について発表し、座長としても参加してきました。



さんクリニックからは『心療内科、精神科における私服勤務についてのアンケート調査〜患者さんへのアパート結果の考察〜』について発表しました。

とても寒く雪が舞う中での出発でしたが、宮崎は晴天!!天気にも恵まれそれぞれが発表を頑張ってきました。