理念・基本方針
目標・看護体制
教育研修プログラム
看護実習
看護部スタッフの声
   (1) 認定看護師資格を取得して
   (2) 認知症ケア専門士資格を取得して
新人看護職員の配置と育成
(1)精神科専門スタッフ
(2)認知症専門スタッフ
(3)内科専門スタッフ
(4)育成病棟(2年)を経験した後
(5)当院の育成専門病棟

教育研修プログラム
1. 教育目的
組織の一員として看護職の責務を遂行するために必要な知識の獲得、看護の質の向上における支援

2. 教育目標
看護理念に基づいた看護実績ができる
常に自分自身を振り返りながら医療チームの一員として行動することができる

  院内研修 院外研修
レベル�〜�
(入社4年以上)
看護研究(学会発表)
プリセプター研修
リーダーシップ研修
薬剤関連教育復習
看護観
ファーストレベル
セカンドレベル
サードレベル
看護研究研修
感染管理研修
リスクマネージャー研修
教育・指導者担当研修
中堅ナース研修
接遇
認定看護師研修
レベル�
(入社2〜3年目)
看護研究(院内メンバー)
チームリーダー研修
プリセプター研修
褥瘡ケア
認知症看護・精神科看護
看護記録
薬剤関連教育基礎
看護観
CVPPP院内教育
アルコール研究会
集中内観研修
CVPPP研修
日精協上級者コース
日看協実習指導者研修
精神科実習指導者研修
接遇
看護研究研修シリーズ
(大学講師による)
新人 入社時オリエンテーション
新人オリエンテーション
教育委員研修
心電図・救急看護
ME機器の取り扱い
安全対策委員研修
院内看護研究会への参加
褥瘡ケア
認知症看護・精神科看護
一日内観体験
新人看護研修
日精看研修会参加
准看2年目
(看護学生)
看護計画・看護記録
事例研究(受け持ち患者)
看護技術
 
看護助手 接遇
看護技術者研修
(体交・移乗・排泄の援助)
安全対策
日精看研修会参加


3. 新人看護職員教育
新人看護職員の教育にプリセプターシステムを実施しプリセプティがリアルショックを最小限にし、その期間に応じた技術習得や役割を果たし、専門職としての自覚を持ち、職場に適応できるように支援する。





4. 包括的暴力防止プログラム(CVPPP)研修
医療の現場では暴力場面に遭遇する場合があります。
当院ではCVPPPに取り組むことで暴力に対しての対処法を習得させ心理学的手法を元にした判断と介入、最終手段としての物理的抑制、暴力後のフォローまでの包括的な専門技能を持つことにより、暴力の要因を理解し未然に対処していくことを目標にしています。