理念・基本方針
目標・看護体制
教育研修プログラム
看護実習
看護部スタッフの声
   (1) 認定看護師資格を取得して
   (2) 認知症ケア専門士資格を取得して
新人看護職員の配置と育成
(1)精神科専門スタッフ
(2)認知症専門スタッフ
(3)内科専門スタッフ
(4)育成病棟(2年)を経験した後
(5)当院の育成専門病棟

新人看護職員の配置と育成

当院では、「働きやすさ」、「働きがい」、院内での専門分野の「再選択しやすさ」に重点を置いた看護師配置・育成プランを実施しています。人生には結婚、出産、子育て、子どもの独立、親の介護など変化がつきものです。

当院では、そういう個々の職員のライフスタイルの変化に対応した勤務形態の選択肢を整備しています。在宅支援部門も含めたエキスパートへの道と他専門分野の道(ライフスタイルに合った)が、個人として選択可能な異動・配置の仕組みとなっています。(2年毎に再選択可能です)
 
☆異動・配置原則の明示化

具体的には、2年毎に残留・異動・異動先を個々の看護師の第2希望までの中から配置が決定されます。(全員、第2希望まで提出します)

どの病棟への配属も2年間で、2年後には再選択の機会が巡ってくる仕組みです。

エキスパートへの道(病棟へ残留)か他専門分野の希望選択(他病棟への異動)ができる仕組みとなっています。

☆新人職員の配属の流れ