専門外来案内
認知症専門外来
      診察日:毎週、月曜日・火曜日・水曜日・金曜日。
                 上記の曜日を、予め電話で予約を御願い致します。
                (筍娃坑機檻牽坑検檻沓毅隠院

      担当医:岩田信之 三和中央病院・副院長
                  日本精神神経学会専門医・指導医 精神保健指定医
                  老年精神科学会会員 泌尿器科専門医

認知症の治療
     1)老化による認知機能の障害は、若い時と比べると、異常です。
           ですから、一般の人には、病気の認知症と区別がつきません。
           何かおかしいと感じたら、一度は専門医にかかりましょう。
 
     2)診断をつけるだけではありません。認知症の薬があります。
           早期に内服を始めると、認知症の症状の進行を阻止する効果が
           期待出来ます。

     3)こうして、専門病院でのカルテを作っておくと、必ず進行する
           認知症のその後のいろいろなマネージメントが容易になります。
           家族の方も安心です。
           患者さんのフォローを、専門スタッフと一緒にいたしましょう。
 
     4)進行すると、1〜2週間の入院が必要になることがあります。 
          (1)病院ですから医療保険で、すぐ入院が可能です。  
          (2)規則正しい入院生活を送るだけで、認知症が改善する場合もあります。
          (3)人間ドック的な内科のチェックもいたします。
          (4)24時間の観察により、認知症患者さんの病態を把握して、対応の
              仕方を専門スタッフが検討します。そして退院時に、家族や施設
              のスタッフにお教えいたします。
          (5)認知症の問題行動により、在宅困難、施設入所困難、一般病院に
              入院中に入院継続困難になった場合でも、速やかに当院の認知症
              専門病棟に入院可能です。
              一般病院で治療を継続すべき内科疾患も、当院で治療継続いたします。