入所とは
介護老人保健施設は、介護保険施設のなかで唯一、積極的に在宅復帰を目指す施設です。そのため、在宅復帰を目的とした看護、医学的管理の基での介護やリハビリなどのサービスを行います。在宅復帰後も繰り返し入退所が可能で、利用者様やご家族の状況に合わせた利用ができます。

【入所対象者】
ご入所できるのは要介護認定を受けられ、要介護1・2・3・4・5の認定を受けられた方となります。詳しくは支援相談員にお問い合わせください。


サービス内容
利用者様には、栄養管理されたおいしい食事(療養食あり)の提供や、入浴、排泄などの介護、日常生活能力の回復訓練、適切な医学的管理など、様々なサービスを提供しています。

〇楡潺機璽咼昂弉茲領案

施設内の介護支援専門員が、利用者様の意向や状態を確認しながら、施設サービス計画の原案を作成します。在宅復帰を見据えて、施設での目標や取り組みを多職種と共に検討します。

⊃事の提供

 朝・昼・夕、すべての食事をホール(食堂)で食べていただきます。
※体調不良や医師の指示がある場合は、フロアに変更するときがあります。
  • ・朝食 8時00分〜
  • ・昼食 12時00分〜
  • ・夕食 17時45分〜

F浴の提供

利用者様の清潔保持とリラックス効果を含め、みどりの里では最低週2回の入浴を実施しています(利用者様の身体の状態に応じて、清拭になる場合があります)。一般浴槽のほか、介助を要する場合はリフトなどを用いた特別浴槽で対応します。

ぐ絣愿管理

みどりの里には、医師1名が常勤しています。そのため、日々の医学管理や看護ならびにリハビリへの指示を行います。急変時には、迅速に治療または近隣の医療機関への搬送も可能です。

ゴ埜遏Σ雜遒砲けるケア

介護が必要な入所者さまには、食事・排泄・入浴などの日常生活全般のケアを行います。ケアにあたっては、個別性を重視し、ご本人の能力や退所先の環境に合わせた取り組みを行います。日常生活にメリハリを持っていただくため、離床を促し、レクレーションの開催など、積極的に取り組んでいます。

Ε螢魯咼螢董璽轡腑

みどりの里では、理学療法士・作業療法士によるリハビリテーションを実施します。入所後3ヶ月間は、身体機能・認知機能それぞれにおいて集中的に行います(対象者の条件があります)。移動や排泄などの日常生活動作だけでなく、家事動作やご本人の役割なども考慮し、生活の場面に沿ったリハビリテーションを提供可能です。

Я蠱民臀サービス

入所では、支援相談員がご本人・ご家族から丁寧にお話を伺います。その中で、入所を検討された背景や課題を紐解き、ケアマネジャーなどの関係機関から情報収集を行いながら入所支援を進めます。

退所では、チームとして取り組みます。入所後1週間以内に自宅等へ訪問し、入所前の生活状況を把握します。退所に向けて、外出訓練・介護指導・退所前訪問・退所前カンファレンスなど、ご本人・ご家族が安心して退所後の生活を過ごせるよう、様々な関係機関と協働することがみどりの里の特徴です。

┗浜楷浜

みどりの里では、管理栄養士2名体制で栄養管理に取り組んでいます。管理栄養士によるモニタリングも積極的に行い、病気や栄養状態に合わせた献立を作成します。

特別な療養室の提供

利用者様の意向や状態に応じて、個室や2人部屋の提供を行います。利用者様が安心して療養生活を送れるよう、居室選定について配慮します。

理美容サービス

みどりの里では、理美容について委託業者を利用しています。

行政手続代行

介護保険の更新や各種行政への問い合わせなど、利用者様・ご家族に代わって手続きを行います。


お食事

リハビリ

入浴